全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

中部のファッション専門学校 「発信力」教育に注力 EC、SNS対応へ 業界の求人数も増加

インスタグラムを通じて情報発信した取り組み事例
インスタグラムを通じて情報発信した取り組み事例
 中部のファッション専門学校が、ブランドや商品を効果的に発信できる人材育成に力を入れている。ファッション業界では、EC(電子商取引)販売や、SNS(会員制交流サイト)を通じた情報発信が活発化しており、企業でも「発信力」を身に付けた人材が求められているからだ。中部の服飾系専門学校の取り組みを追った。

 ファッション業界専門の転職支援サービスを運営するパーソルキャリア(本社東京都)によると、2020年12月~21年2月のファッション業界の求人数は「プレス・販売促進」と「EC・通販関連」に関連する人材が前年同期比で4割以上増加し、採用意欲が高まっている。
 名古屋モード学園(名古屋市)は20年度から、オンライン販売サイト「ストアーズ」を運営するストアーズ・ドット・ジェーピー(本社東京都)と連携し、ECサイトの運営を授業の一環として始めた。
 同校では教員とファッション企業による意見交換の場を年2回、設けている。吉田光孝校長は「企業側から、学生に『発信力』を求められるようになった」と話し、授業では「洋服のイメージそのものを伝えるために、どのように演出し、発信していくか」に重きを置いているという。
 中部ファッション専門学校(知立市)では、ファッション産業学科の2年次に、学生がチームでブランドを立ち上げて、制作した服をオンラインと店舗で販売する取り組みを学ぶ。
 授業ではインスタグラムを通じてブランドを情報発信し、販売サイトに誘導させる。担当教員は「視覚的表現は学生の方がよく分かっている」と打ち明ける。片嶋一光副校長は「ファッション業界が変わるなかで、商品の企画運営や提案ができることが今後大事になってくる」と指摘する。
 名古屋ファッション専門学校(名古屋市)は、ファッション流通学科1年生の授業で、服やアクセサリーの販売を想定したECサイトを制作する。実際に販売はしないが、オンラインでの効果的なブランドPR手法を学んでもらうために開講した。
 授業では、商品の撮影加工技術やショップロゴ作成などを複数科目で学ぶ。ターゲットとする客層の年齢や購買傾向などを詳しく調査し、「誰に向かって発信するか」を明確化する。その後、自身で制作した服や手持ちのアクセサリーなど10点程度を撮影し、既存サイトを活用して学生個人がECサイトを制作する。
 佐藤弥生校長は「ファッション流通学科の学生は卒業後にバイヤーや店舗を運営する職に就く人が多い。いかに商品を魅力的にアピールするかについて学んで欲しい」と話している。

全文1050文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年4月3日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
ハノーバーメッセ2022オンラインツアー
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ昼呑み天国

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ