全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

まだら模様の中部企業 21年春闘・集中回答日 コロナ禍 回復に格差

加盟組合からの回答をボードに書き込む連合担当者(名古屋市熱田区の連合愛知事務所)
加盟組合からの回答をボードに書き込む連合担当者(名古屋市熱田区の連合愛知事務所)
 2021年春の労使交渉は17日、自動車など大手企業の集中回答日を迎えた。トヨタ自動車は、月額賃金総額を9200円と回答。組合要求に満額回答し、前年実績(8600円)を上回った。製造業で賃金改善を明確に要求したところでは、昨年を上回る回答がある一方で、実績を下回る動きもあり、まだら模様となった。ただ、働き方改革の推進など、「人への投資」を含めた職場改善の動きが進むなど、コロナ禍を乗り切る労使協力の形が浮き彫りになった。
残り1201文字/全文1412文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2021年3月18日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
オートモーティブワールド

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
チカマチラウンジ9周年特別企画 ジブリの大博覧会コラボキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ