全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

決算を読む エイチーム 20年8月~21年1月 本業苦戦も純利益5.8倍 有価証券売却し特別利益 本業回復で通期増収へ

 ゲームアプリなどを手掛けるエイチーム(本社名古屋市)が12日発表した2021年7月期中間(20年8月~21年1月)の連結決算は、純利益が前年同期比5・8倍の7億4100万円だった。新型コロナウイルス禍で本業は影響を受け、売上高は7・1%減の148億7100万円だったが、投資有価証券売却益として特別利益7億7千万円を計上したことが寄与。通期は本業の回復を予想し、増収、純損益は黒字転換を見込む。
残り508文字/全文706文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2021年3月13日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
人とくるまのテクノロジー展 2022 名古屋

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ やっぱりねぎが好き!

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ