全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

未来を描く

明日を拓く経営 東海で頑張る中小企業 大径薄肉パイプ加工の シンニチ工業 自動車電動化に向け社内改善推進 合議制経営にシフト 既存技術の応用展開へ

主力の大径薄肉パイプ製品
主力の大径薄肉パイプ製品
 大径薄肉パイプを手掛けるシンニチ工業(本社豊川市平尾町天間48、木下雄輔社長、電話0533・88・4151)は、いつか到来する自動車の完全電動化に向け、企業体質の改善を図っている。主力の大径薄肉パイプは、自動車のエンジンから後工程の排気系システムに採用されており、内燃機関であるエンジンがなくなれば、需要が大幅に落ち込むからだ。「社長一人がんばってもダメ。社員が自ら考え、自ら動く企業体質にしなければ」。社長就任4年目、41歳の木下社長の地道な努力は続く。
残り690文字/全文919文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジテイクアウト

2021年3月3日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ