全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

雇用シェアリング 中部で拡大 航空機から自動車へ 長期化で〝維持〟に課題も

回復基調が続く自動車産業が航空機産業から人材を受け入れている(トヨタ車体の生産ライン)
回復基調が続く自動車産業が航空機産業から人材を受け入れている(トヨタ車体の生産ライン)
 中部地方で航空機産業から自動車産業に出向者を送り出す「雇用シェアリング」が広がっている。コロナ禍により航空機産業で厳しい事業環境が続き、人手と仕事量のギャップを少しでも解消したいためだ。トヨタ車体が三菱重工業や川崎重工業などから数百人規模で受け入れたのをはじめ、同様の動きが相次いでいる。もっとも航空機需要の回復には時間がかかるとみられ、それまで雇用を維持できるか課題も残る。
残り1163文字/全文1352文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2021年2月25日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
人とくるまのテクノロジー展 2022 名古屋

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ manacaキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ