全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

共栄社 ゴルフ場芝刈り機無人化加速 ラフ用も開発着手人手不足解消へ

GPSを利用したフェアウエー用無人芝刈り機
GPSを利用したフェアウエー用無人芝刈り機
 ゴルフ場芝刈り機を手掛ける共栄社(本社豊川市美幸町1の26、林秀訓(ひでのり)社長、電話0533・84・1221)は、ゴルフ場の芝刈り機の無人化を加速している。フェアウエー用無人芝刈り機を今秋に本格販売するのに続いて、より高度な技術が必要なラフ用無人芝刈り機の開発に着手した。ラフ用は2023年の試験販売を目標に掲げる。国内外の需要を開拓し、ゴルフ場の芝刈り機世界シェアを「足元の4%から10%に引き上げる」(林社長)という中長期目標の達成に弾みをつける。(豊川)
残り611文字/全文844文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年2月23日の主要記事