全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

未来を描く

新聞購読のお申し込みはこちら

ヴィレッジフーズ 新業態の和カフェ出店 豊橋駅商業施設にきょう 立地生かし顧客開拓

看板商品の「ほうじ茶プリン」(左)と「抹茶シフォンケーキ」
看板商品の「ほうじ茶プリン」(左)と「抹茶シフォンケーキ」
 「かつさと」のブランドでかつ丼店を多店舗展開するヴィレッジフーズ(本社田原市田原町晩田、太田繁芳社長、電話0531・22・7769)は、豊橋駅併設の商業施設カルミア(豊橋市花田町)に新業態の和風カフェ「61Cafe&Barあおいだもん」を16日にオープンする。西尾の抹茶、伊勢のほうじ茶など地元産品を幅広くメニューに取り入れた。同一施設内では同社として3店舗目。集客力が高いたーターミナル駅の立地を生かし、新規顧客の開拓を進める。
残り494文字/全文710文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年2月16日の主要記事