全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

新聞記念プレート作成

新聞購読のお申し込みはこちら

決算を読む ブロンコビリー 20年12月期 上場来初の最終赤字 コロナで時短・休業響く 今後の出店、収益性高い土地厳選

 ステーキレストランを展開するブロンコビリー(本社名古屋市)が15日発表した2020年12月期決算は、純損益が5億8800万円の赤字と、07年上場以来初の最終赤字(前期は15億4400万円の黒字)となった。配当も14円減の年10円と初の減配となる。新型コロナウイルス感染拡大に伴う営業時間の短縮や休業が響いた。コロナ収束の兆しはみえず、今期の業績予想は困難であることから、未定とした。
残り487文字/全文679文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年1月16日の主要記事