全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

未来を描く

新聞購読のお申し込みはこちら

決算を読む アスカ 20年11月期 稼働低迷、6年ぶり減収 設備投資抑制で全部門マイナス 今期予想は上方修正

 自動車部品メーカーのアスカ(本社刈谷市)が14日発表した2020年11月期連結決算は、売上高が前期比23・0%減の249億200万円で、6年ぶりの減収となった。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、自動車メーカーのライン稼働が低迷。製造業の設備投資も落ち込み、ロボットシステムなど全事業部門で減収となった。
残り411文字/全文565文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年1月15日の主要記事