全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

大須ういろ、ブランド再構築 こだわりのひと口サイズ展開 松坂屋名古屋店に専門店

白、桜、抹茶、黒、ないろ、きなこ味の「基(もと)の初」
白、桜、抹茶、黒、ないろ、きなこ味の「基(もと)の初」
 大須ういろ(本社名古屋市緑区清水山2の1619、村山賢祐社長、電話052・626・3000)は、主力和菓子「ういろ」のブランド再構築に取り組んでいる。新たに立ち上げた新ブランド「初―うい」は、ひと口サイズの大きさで、食感や味、パッケージデザインなど、さまざまなこだわりを追求した。昨年12月には松坂屋名古屋店(名古屋市)に専門店を開設。和菓子離れが叫ばれるなか、ういろのブランド力を高め、若年層らへアピールする。
残り743文字/全文950文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2021年1月13日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ