全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

変幻自在 老舗企業の挑戦 マルコ醸造 製麺業からみそ・しょうゆに転換 手作り・無添加・熟成で差別化 食事療法で大切さ痛感  生きた菌の力が活路開く

1965年ごろの本社工場内。中央は2代目社長の孝師氏
1965年ごろの本社工場内。中央は2代目社長の孝師氏
 マルコ醸造(本社恵那市明智町732の1)は明治31(1898)年の創業。創業時は製麺業を営んでいたが、みそ・しょうゆの製造販売に事業転換した。戦後には漬物の製造を開始して事業を拡大する。しかし、バブル経済崩壊で業績が悪化。4代目社長は「生きた菌」にこだわった手作り・無添加・熟成の製品づくりで差別化し、回復軌道に乗せた。新型コロナ拡大の逆風にも、発酵の力を活用した新製品開発で活路を開いていく。
残り779文字/全文977文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2021年1月11日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ