全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

多治見・土岐・瑞浪で「美濃焼新春見本市」 ステイホームに対応     カジュアル食器目立つ インテリアなど新分野も提案

多くの来場者でにぎわった新春見本市(土岐会場)
多くの来場者でにぎわった新春見本市(土岐会場)
 美濃焼産地の恒例の新製品展示会「美濃焼新春見本市」が7、8の両日、多治見市と土岐市および瑞浪市の3会場で開催されている。新製品提案の機会を堅持しようと、新型コロナ対策を徹底して開催を決行した。コロナの影響で業務用陶磁器の販売が低迷する中、出展各メーカーはウィズコロナ時代の消費者にアピールする個性的な新製品を提案している。
残り851文字/全文1013文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2021年1月8日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ