全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

共栄プラテクス 金型メンテ、定額制で 寿命延長へオーバーホール

定額制の金型メンテナンス事業「金型の番人」のパンフを持つ宮本社長
定額制の金型メンテナンス事業「金型の番人」のパンフを持つ宮本社長
 プラスチック部材用の金型製作、射出成形などを手掛ける、共栄プラテクス(本社豊明市阿野町惣作58の1、宮本涼平社長、電話0562・93・1815)は1月から、新規事業として射出成形メーカーを対象に定額制の金型メンテナンス事業「金型の番人」を開始した。金型を定期的にオーバーホールすることで金型の寿命を延ばし、生産性の向上を支援する。また、契約者のネットワークを活用して、物流費や材料費の削減、量産代行などの支援サービスも提供する。初年度、30社からの注文獲得を目指す。(豊明)
残り581文字/全文819文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2021年1月8日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ