全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

インフォミクス、空気品質計測器を開発 換気のタイミングを通知 遠隔地からCO2濃度確認

机の上に置けるデスクタイプの「換気ドキ」
机の上に置けるデスクタイプの「換気ドキ」
 太陽光発電設備の発電量を遠隔監視する装置などを製造、販売するインフォミクス(本社四日市市西新地14の1、尾崎友則社長、電話059・327・7871)は、室内の二酸化炭素(CO2)濃度を測定し、換気のタイミングを知らせるクラウド型簡易空気品質計測器「換気ドキ」を開発し、販売を開始した。携帯電話回線を内蔵しており、遠隔地でもパソコンやスマートフォン(スマホ)で確認できる。人が集まる場所や介護施設など、入居者が自由に換気できない場所での利用を見込んでいる。
残り430文字/全文658文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2021年1月6日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ