全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

三弘 感染症対策で換気を警告 CO2監視サービス提供 クラウド活用 「コト売り」へシフト

タブレットのほか大型モニターなどにも表示可能。部屋ごとの監視ができる
タブレットのほか大型モニターなどにも表示可能。部屋ごとの監視ができる
 計測機器商社の三弘(本社名古屋市昭和区車田町1の103の2、伊藤弘一郎社長)は、感染症が起こりやすい部屋の密閉・密集状態を二酸化炭素(CO2)濃度で見える化するサービスを開始した。小型センサーで常時監視し、測定値を無線通信でタブレットなどに送って表示。クラウド上で膨大なデータを保存することで後からの検証に役立てる。同サービスをクラウドサービスの第1弾と位置付け、計測機器販売の「モノ売り」からデータ提供という「コト売り」へのシフトを進める考えだ。
残り576文字/全文801文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
中部圏、将来の飛躍へ着々
~チカマチラウンジではしご酒~名古屋駅昼呑み天国WEB特集

2020年12月30日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
【定期券キャンペーン】平日ディナータイムは「名古屋」定期券を持って行こう!!

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ