全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

牛の尿が消臭剤や堆肥に 北海道のバイオ企業 海外でも市場拡大

タグ
発酵した牛の尿に手を入れる環境大善の窪之内誠社長。嫌な臭いは全くない=北海道北見市
発酵した牛の尿に手を入れる環境大善の窪之内誠社長。嫌な臭いは全くない=北海道北見市

 北海道北見市のバイオ企業「環境大善」は、微生物を加えて発酵させた牛の尿を消臭剤や無臭の液状堆肥として売り出している。一般家庭のほか、海外の農家からの需要も増えており、担当者は「廃棄物を有効活用し、環境の改善に貢献できれば」と意気込む。

残り585文字/全文705文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月28日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ