全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

科学が分かった 流れ星 毎日1トン地球に降り注ぐ 宇宙の「ちり」で歴史に迫る

8月に岡山県倉敷市で撮影された「ペルセウス座流星群」の流れ星。中央は瀬戸大橋(倉敷科学センターの三島和久学芸員提供)
8月に岡山県倉敷市で撮影された「ペルセウス座流星群」の流れ星。中央は瀬戸大橋(倉敷科学センターの三島和久学芸員提供)

 地球には毎日1トンもの流れ星が降り注いでいることが、東京大などの研究チームの観測から分かりました。 Q 流れ星の正体は何ですか?
 A 宇宙空間を漂う「ちり」が地球の大気に飛び込み、激しく大気と衝突して光を放つ現象が流れ星です...

残り631文字/全文751文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月28日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ