全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

蟹江鈑金工業所、小型ドローンを活用人命救助用切り離し装置開発 消防署に提案操縦者の育成支援

「そら救」をつり下げデモ飛行する小型ドローン
「そら救」をつり下げデモ飛行する小型ドローン
 建築板金やリフォーム事業を手掛ける蟹江鈑金工業所(本社東海市高横須賀町薮下38の4、蟹江康社長、電話0562・33・1504)は、小型ドローン(小型無人航空機)を活用した人命救助用切り離し装置「そら救」を開発し、本格販売に乗り出した。これまで災害救援を行う全国の消防署向けに提案してきたが、今後は操縦者の育成支援やドローン機材の導入支援などと組み合わせた提案も検討し、販路を広げる考え。 (東海)
残り552文字/全文751文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
中部圏、将来の飛躍へ着々
~チカマチラウンジではしご酒~名古屋駅昼呑み天国WEB特集

2020年12月28日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
「福よ来い!常滑焼✕チカマチラウンジ」 4月9日(金)~6月6日(日)開催

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ