全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

明日を拓く経営 東海で頑張る中小企業 砕石や産業廃棄物中間処理 旭興業 地道な設備投資で業容拡大 自然石砕石をメイン展開 リサイクル分野を強化へ

自然石の砕石プラント
自然石の砕石プラント
 砕石や産業廃棄物中間処理、土木工事を手掛ける旭興業(本社桑名市多度町猪飼1251の11、谷健太郎社長、電話0594・49・2333)は、地道な設備投資を積み重ね、業容を拡大してきた。現在は、多度町に所有する5ヘクタールの山でとれる自然石の砕石をメインに展開し、建設現場向けに幅広いサイズの砕石を供給している。今後はリサイクル分野を強化し、会社の持続的な発展を目指す。
残り641文字/全文825文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月23日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ