全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

「麻の葉」柄の浴衣販売 大賀屋呉服店、CFで展開 古典模様で若者に着物をアピール

麻の葉・市松・うろこ柄(左から)の手ぬぐいを手にする植田浩一郎氏
麻の葉・市松・うろこ柄(左から)の手ぬぐいを手にする植田浩一郎氏
 大賀屋呉服店(本社岡崎市連尺通1の4、植田一郎代表、電話0564・22・1249)は、麻の葉柄の生地で仕立てる浴衣のクラウドファンディング(CF)を開始した。若者に人気の古典文様を取り入れた浴衣や手ぬぐいなどをアピールして、着物に馴染みのない若い世代を取り込みたい考え。手縫いの浴衣は限定100着の販売で、来月10日まで募集する。
残り440文字/全文606文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月23日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ