全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

完全菜食「ビーガン」に対応 スティック食品やシリアル発売 豊橋糧食工業 女性需要を開拓、海外販売も検討

豊橋糧食工業の「ビーガン」対応の商品
豊橋糧食工業の「ビーガン」対応の商品
 精麦業の豊橋糧食工業(本社豊橋市入船町33、伴野乙彦社長、電話0532・45・2155)は、肉や魚に加えて乳製品も避ける完全菜食主義「ビーガン」に対応した大麦加工商品を発売した。健康や美容への効果を訴求し、主に女性の需要を掘り起こす。アジアなど海外販売も検討する。欧米を中心にビーガンの市場が拡大する中、将来的に日本などでもビーガン対応食品への需要が高まるとみて、先行的に商品を投入する。
残り477文字/全文672文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月22日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ