全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

トヨタ、「電動車 全方位」加速 新型SUV 日・中で生産 元町で「レクサスEV」も

レクサスEVなどの生産が計画されている元町工場(豊田市)
レクサスEVなどの生産が計画されている元町工場(豊田市)
 トヨタ自動車が2022年に日本と中国で、電気自動車(EV)仕様の新型スポーツタイプ多目的車(SUV)を生産することがわかった。日本で生産を担う元町工場(豊田市)では同じ年に高級車「レクサス」でもEV仕様の新型SUVの量産に乗り出す。電動車のハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)、EVを幅広くそろえる「電動車の全方位戦略」を加速させ、世界各地の多様な顧客ニーズに応える。
残り525文字/全文732文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月21日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ