全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

今年話題の新型車 記者が試乗 スバル「レヴォーグ」剛性高く上質な乗り心地 トヨタ「ミライ」静かで素早い加速感

タグ
スポーティーで力強いフォルムの新型「レヴォーグ」
スポーティーで力強いフォルムの新型「レヴォーグ」
 2020年も残りわずか。今年も自動車メーカーからさまざまな新型車が市場に投入され、脚光を浴びた。なかでも、今年話題を集め日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたスバルのステーションワゴン「レヴォーグ」(希望小売価格税込み310万円から)と、トヨタ自動車が今月発売した燃料電池自動車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」(同710万円から)に記者が試乗した。
残り1292文字/全文1469文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月19日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ