全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

愛知の企業、女子サッカー支援 「ラブリッジ」なでしこへ きょう昇格決定戦

なでしこリーグ昇格を狙うNGUラブリッジ名古屋のメンバー
なでしこリーグ昇格を狙うNGUラブリッジ名古屋のメンバー
 愛知県の有力企業が女子サッカーチーム「NGUラブリッジ名古屋」の育成に力を入れている。製造業や証券会社など、多彩な業種16社がそれぞれ選手を雇用。選手がサッカーに専念できる環境を整えている。女性スポーツ環境の改善や、強いチームづくりで地域の活性化につなげる狙いだ。トップチームは、日本女子サッカーリーグ3部のチャレンジリーグに所属。19日正午から、豊田市運動公園球技場(豊田市)で上位リーグ「なでしこリーグ」昇格決定戦(対スペランツァ大阪高槻戦)が行われる。来シーズンの飛躍を懸けた勝負の一戦が注目される。

16社が選手雇用
 チームの前身は1995年、名古屋グランパスジュニアレディースとしてジュニアチームが発足した。愛知県2部、1部リーグを経て、東海リーグに昇格。2014年に現在の所属リーグに昇格した。チーム名は17年にNGUラブリッジ名古屋に名称変更した。
 14年10月にチャレンジリーグに参入した当初、選手の雇用先企業数は4社のみで、チームの協賛企業も10社程度だった。その後は、なでしこリーグ1部昇格を目指すラブリッジ名古屋の理念に賛同する企業も増えた。20年現在、クラブ全体で社会人は30人が所属。雇用先企業数は14年比4倍の16社に、協賛企業は5倍の50社程度に拡大している。
選手目線で支援
 安藤証券(本社名古屋市)は、ラブリッジ名古屋の選手2人を雇用している。安藤敏行社長は「スポーツ選手は技術を磨いて成長しなければならない。雇用を伴ったほうが、(経済的に)安定して成長しながら戦うことができる。選手目線のサポートを続けたい」と雇用方針を語る。
 医療機器メーカーの朝日インテック(本社瀬戸市)も選手2人を雇用している。宮田昌彦社長は「ラブリッジの選手が社員として働いてくれることで、他の社員もチームに対する思いが強くなっている。上位リーグや海外のチームでも活躍できる選手になってほしい一方で、社会人としての成長を願っている」と語る。
 今シーズン開始当初はチーム最多となる5人を雇用(うち1人は海外移籍)した自動車部品メーカーの河村工機製作所(本社名古屋市)の藤本徹社長は、チームが勝利すると特別ボーナスを付与する「勝利給」を用意する力の入れようだ。過去7人を雇用していたシーズンもあった。藤本社長は「サッカーでも仕事でも、誰かのためになることにしっかり打ち込んでほしい。上位リーグに昇格し、活躍を期待したい」と話した。
来季株式会社へ
 19日の勝負の一戦を前に朗報が飛び込んできた。17日に開催した、なでしこリーグ理事会において、NPO法人ラブリッジが株式会社ラブリッジに運営法人を移管することが承認された。21年2月に予定している新シーズンから本格始動する。現NPO法人理事長で、株式外会社の社長を務める堀田崇氏は「将来的にサッカー女子プロリーグの『WEリーグ』参戦を見据え、社会的信用力の向上も狙い、株式会社化を判断した。地域の皆さまから、より多くのご支援をいただき、チームを強くしていきたい」と意気込む。
 愛知県サッカー協会の中村昌弘会長は「女子サッカーを取り巻く環境は決して良くはない。ラブリッジ名古屋が活躍することで、女性スポーツ環境の改善や愛知県の女子サッカー人口の増加、さらにはより多くの企業にラブリッジの活動を応援していただくことで、地域経済の盛り上がりにつながれば」と話している。

全文1406文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月19日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ