全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

精密金型・ダイキ精工 端材活用で「アルミ風鈴」 軽量、高く澄んだ音 ふるさと納税返礼品に

澄んだ音色が特長のアルミ製風鈴
澄んだ音色が特長のアルミ製風鈴
 ロストワックス用精密金型の設計製作を手がけるダイキ精工(本社小牧市文津天王塚642の2、齋藤宏和社長、電話0568・72・8660)は、アルミ製風鈴の販売を始めた。金型材料の硬質アルミニウムを切削加工しており、軽量でさびにくく、鋳物やガラスの風鈴と比べて高く澄んだ音を響かせるのが特長。このほど、小牧市のふるさと納税の返礼品に選定された。風鈴の発売を機に、企業の知名度を高め、採用活動につなげたい考えだ。(小牧)
残り628文字/全文835文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月17日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ