全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

独自の地盤改良工事 開発までの苦心描く 尾鍋組が書籍出版 知名度向上で普及へ

「エコジオ工法の普及につながってほしい」と話す尾鍋社長
「エコジオ工法の普及につながってほしい」と話す尾鍋社長
 土木工事業の尾鍋組(本社松阪市飯高町宮前321の4、電話0598・46・0234、尾鍋哲也社長、電話0598・46・0234)は、同社独自の地盤改良工法「エコジオ工法」の開発経緯などをまとめ、出版した。同工法は、杭(くい)やセメントなどの人工物を地中に残さない地盤改良技術で、砕いた自然の石(砕石)を用いる。書籍化することで知名度向上を図り、同工法のさらなる普及を目指す。(松阪)
残り419文字/全文610文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月15日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ