全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

鬼瓦を節分用雑貨に 升、豆とセット 鬼福製鬼瓦所が新アイテム コロナ禍のギフトに提案

「鬼は福」を手にする鬼師の鈴木氏
「鬼は福」を手にする鬼師の鈴木氏
 鬼瓦の製造販売を手掛ける鬼福製鬼瓦所(碧南市住吉町3の10、鈴木博代表、電話0566・41・0758)は、ミニチュアの鬼瓦と升、豆をセットにした節分向け雑貨を商品化した。新型コロナウイルス禍の中、自宅で静かに楽しめる商品として提案する。インターネット経由で700個限定で販売する。商品化に当たっては、新型コロナで打撃を受けている地域の中小企業を支援する「プロボノ活動」として、トヨタ自動車社員が参画した。
残り446文字/全文649文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月15日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ