全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

豊田通商、資源循環戦略を推進 24年、部門純利益100億円へ

廃車を適正処理するなどリバースサプライチェーンに取り組む
廃車を適正処理するなどリバースサプライチェーンに取り組む
 豊田通商は、リサイクルなど「循環型静脈事業」の育成で、社会課題の解決と企業の成長の両立に取り組む。同事業を今期(2021年3月期)から3カ年の中期経営計画の重点分野の一つに位置付け、1970年代から長年かけて築いたリサイクル事業基盤を活用する。近年、SDGs(持続可能な開発目標)の設定などでリサイクル機運が高まるなか、金属本部内の資源循環部門で純利益100億円を3年後に達成し、同事業を軌道に乗せる方針だ。
残り539文字/全文744文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月10日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

採用情報
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ