全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

シラカワ 新オフィス家具投入 ウィズコロナ時代に対応 フリーアドレス、機能性高い交流スペースに

フリーアドレスで機能性が高い「ウッディワークスタジオ」
フリーアドレスで機能性が高い「ウッディワークスタジオ」
 木工家具メーカーのシラカワ(本社高山市漆垣内町407の3、白川智彦社長、電話0577・32・3066)は、新型コロナウイルス拡大による働き方の変化に対応した木製オフィス家具シリーズ「WoodyWorkStudio(ウッディワークスタジオ)」を市場投入した。リモートワーク拡大でオフィスの在り方が変わる中、ウィズコロナ時代のオフィスをフリーアドレスで機能性が高い交流スペースとして提案している。企業のオフィス向けのほか、都市部のカフェ向けにも積極的に提案していく方針。
残り639文字/全文873文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月8日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ