全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

遺跡からの警告 疫病編 奈良時代―平安時代 (4) 繰り返すアウトブレイク お守りに「蘇民将来」

表と裏に「蘇民将来」と記されたお守りペンダント。上部にひもなどを通す穴があり、中ほどに木釘が打ち付けられていた(京都府長岡京市教委所蔵、提供)
表と裏に「蘇民将来」と記されたお守りペンダント。上部にひもなどを通す穴があり、中ほどに木釘が打ち付けられていた(京都府長岡京市教委所蔵、提供)

 疫病や地震、貴族間の政争が続き、停滞感が垂れ込めた平城京(奈良市)。疲弊した人心を一新しようと、都は長岡京(京都府長岡京市など)、平安京(京都市)へと遷(うつ)ったが、疫鬼や災害は容赦なく襲ってきた。
 「続日本紀」や貴族の日...

残り1261文字/全文1381文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月3日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ