全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

関精密製作所 タップの折損防ぐ ホルダー3種開発 作業時間大幅短縮

小ねじ速造(上)と改良したパットホルダー
小ねじ速造(上)と改良したパットホルダー
 工具開発などを手掛ける関精密製作所(鈴鹿市三日市南、関明代表、電話059・383・4590)は、ねじ穴をつくる「タップ」の折損を防ぐタップホルダー3種類を開発した。タップは折れやすく、ねじ穴をつくるには、慎重な作業が必要だが、同製品の装着で1本にかかる作業時間を大幅に短縮できる。コンパクトで装着も容易なため、高所作業などでの需要を見込んでいる。 (鈴鹿)
残り476文字/全文655文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月2日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ