全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

現代設計事務所 空き家いかし街づくり 年1軒ペースの設置目指す 古民家レンタルハウス、地域活性化の拠点に

レストランとして活用された「ミドリバシ」
レストランとして活用された「ミドリバシ」
 住宅設計などを手掛ける現代設計事務所(本社大垣市本今4の17、奥村忠司社長、電話0584・89・6663)は、空き家となった古民家を活用した街づくりに力を入れている。現在、古民家をリノベーションしたレンタルハウスを運営しており、9月には「賑わい創造事業部」を立ち上げた。今後、空き家の活用を希望する家主を募集し、今後5年間で、年1軒ペースで空き家活用を図る考えだ。(大垣・武居皇弥)
残り585文字/全文777文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年12月2日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ