全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

家族介護者支援のてとりん 介護者が「自分」知る講座開設 選択肢広げる視野、知識を ゲームや実技講習通じ価値観を創出・再確認

ゲームを通じてACPについて学んだ
ゲームを通じてACPについて学んだ
 家族介護者を支援するNPO法人てとりん(春日井市篠木町2の36の1、岩月万季代代表理事、電話0568・41・8844)は、運営するカフェ「てとりんハウス」(春日井市篠木町2の1281の1)などで、介護者向けの講座を開いている。一般財団法人白寿会(豊田章一郎代表)の助成事業。制度の解説のほか介護者の心理や介護状況の分析など、介護者が自分自身を知ることができるテーマを設けている。介護者に学びの場を提供することで、介護や自身の人生について、自己決定できるようになってもらう狙いがある。
残り580文字/全文822文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年11月26日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

採用情報
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ