全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

丸志げ陶器 「温たなべ」拡販に力 ツアーや活用講座 素材のうまみ引き出す構造 体験で多機能アピール

炊飯や幅広い調理に活用できる「温たなべ」
炊飯や幅広い調理に活用できる「温たなべ」
 陶磁器企画販売の丸志げ陶器(本社多治見市生田町2の190の4、若尾繁男社長、電話0572・23・8346)は、幅広い調理に活用できる多機能土鍋「温(ぬく)たなべ」の拡販に向けて、ツアー企画や活用講座に力を入れている。ツアー企画は「食と健康」をテーマに、温たなべを使用した昼食を通じてアピール。活用講座は、実際に温たなべで調理して利便性の高さを知ってもらう。今後も体験の機会を提供することで、温たなべの受注拡大を図っていく。
残り597文字/全文809文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年11月26日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ