全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

遺伝子の働き妨げる新農薬 基生研などのチーム開発

タグ
食害が止まらないニジュウヤホシテントウの幼虫がいた葉(左)と幼虫にRNA農薬を飲ませ食害が止まった葉(基礎生物学研究所提供)
食害が止まらないニジュウヤホシテントウの幼虫がいた葉(左)と幼虫にRNA農薬を飲ませ食害が止まった葉(基礎生物学研究所提供)

 特定の遺伝子の働きを妨げる「RNA干渉」という方法を使い害虫を駆除する新しいタイプの農薬を、基礎生物学研究所(岡崎市)などのチームが開発した。使用後24時間以内に害虫による食害が止まるという。
 RNA干渉を利用する手法は「R...

残り384文字/全文504文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年11月25日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

採用情報
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ