全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

県立半田農高 中埜酒造で酒づくり 市商店街連合会の70周年記念酒に 米から栽培、1月にも販売

仕込み作業を行う半田農業高生
仕込み作業を行う半田農業高生
 愛知県立半田農業高校(半田市柊町、橋本具征校長)の生徒たちが作った米を使った日本酒づくりが、清酒「国盛」蔵元の中埜酒造(本社半田市東本町、中埜昌美社長)で始まった。「高校生が作った日本酒を、地域の活性化などに役立てたい」という半田市商店街連合会(会長=城平直人古扇楼代表)の呼びかけで、昨年にも商品化し、一般販売している。産学連携プロジェクトの第2弾となる今回は、同連合会設立70周年記念酒「夢坂」として販売する計画。醸造が順調に進めば、来年1月初旬にも瓶詰めを行う。(半田)
残り453文字/全文692文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年11月25日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ