全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

市内百貨店、21年の福袋 コロナ対策で知恵絞る EC経由や店頭先行販売 3密避けるキャンプ用品人気 

名古屋三越栄店が販売する「キャンプグッズ福袋」
名古屋三越栄店が販売する「キャンプグッズ福袋」
 新型コロナウイルスの影響で新春初売り恒例の福袋商戦が一変しそうだ。名古屋市内の百貨店が2021年向けで注力するのが、電子商取引(EC)サイト経由による販売や年内に店頭にて先行販売を始めるといった、新型コロナ感染拡大防止のための販売だ。福袋の中身についても、3密を避けることができるとあって人気の高いキャンプ用品がそろった福袋や、料理店のシェフが自宅で料理を振る舞う福袋など、コロナ禍でも楽しめる福袋を充実。各店、例年以上に知恵を絞っている。
残り575文字/全文796文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年11月25日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

採用情報
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ