全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

ココが聞きたい 住友理工社長 清水和志(しみず・かずし)氏 コロナ禍の事業戦略は? 日産EVに自動運転向け製品初採用

「設備の汎用化を進めている」と可変的な生産対応を課題に挙げる清水社長
「設備の汎用化を進めている」と可変的な生産対応を課題に挙げる清水社長

 防振ゴム・ホースなどを手掛ける住友理工(本社名古屋市)は夏場以降の回復を受け、2021年3月期の連結業績見通しを上方修正した。通期は4~6月期の減販影響が重く依然と赤字予想だが、持分法による投資損益を含めた事業損益は7~9月期で黒字化し、...

残り958文字/全文1078文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年11月25日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ