全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

東海3県の新興銘柄4~9月期決算 7割の18社が減益・赤字 コロナで外食苦戦 ソフト、医薬関連は堅調

 愛知、岐阜、三重の東海3県に本社を置く新興市場(ジャスダック、東証マザーズ、名証セントレックス)と東京証券取引所の特定投資家向け市場「東京プロマーケット」の上場企業(金融を除く)の2020年4~9月期決算をまとめた。20日までに集計した26社のうち、全体の76・9%の20社が減収、純損益は69・2%の18社が減益・赤字だった。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で外食産業や食品、機械関連の苦戦が目立った。ソフトウェアや医薬品関連、小売業は堅調な収益だった。通期は14社が減収、純損益で減益・赤字を見込む。(2面に詳報と全体表)
残り750文字/全文1015文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年11月24日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ