全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

脚光浴びる「植物肉」 環境保全、健康に期待 AI駆使し本物に近づく コロナ禍で食の進化加速

タグ
ベンチャー企業DAIZの工場内にある大豆を発芽させる栽培装置=熊本県益城町
ベンチャー企業DAIZの工場内にある大豆を発芽させる栽培装置=熊本県益城町

 環境に優しく、より健康的な「植物肉」が脚光を浴び始めた。人工知能(AI)などの先端技術を駆使して生産することで、本物の肉に近い風味を楽しめるようになったためだ。家畜を育てる時にかかる水資源などを減らせるので、環境保全への期待も高い。将来的...

残り997文字/全文1117文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
冬山フェスタ 初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

2020年11月17日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

採用情報
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ