全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

新型コロナと自然破壊 「責任は私たちにある」 熱帯林伐採やインフラ開発で 増える新興感染症

ダスザック博士らが作製した動物由来感染のリスクマップ。インド、中国、アフリカなど明るいエリアでリスクが高い。西日本のリスクも小さくはない(エコヘルスアライアンスのダスザック博士ら提供)
ダスザック博士らが作製した動物由来感染のリスクマップ。インド、中国、アフリカなど明るいエリアでリスクが高い。西日本のリスクも小さくはない(エコヘルスアライアンスのダスザック博士ら提供)

 新型コロナウイルスの大流行が続く中、新たに出現する感染症と、熱帯林などの自然破壊との関連に注目が集まっている。新興感染症の多くが、動物から人へ、人から動物へ感染可能な動物由来感染症であるからだ。次の大流行を防ぐため、人間と自然の関係を見直...

残り2912文字/全文3032文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ9周年特別企画 ジブリの大博覧会コラボキャンペーン

2020年11月4日の主要記事