全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

竹内宏商店が土産品開発 地元図柄で知多木綿商品 手拭いやハンカチに イラストレーターと連携

手拭いをPRする竹内社長
手拭いをPRする竹内社長
 生地問屋の竹内宏商店(本社知多市岡田高見21、竹内亮社長、電話0562・55・3239)は、知多半島の土産品開発に力を入れている。地元のイラストレーターと連携し、地域の特産物や観光資源などをデザインした図柄の知多木綿製手拭いとハンカチを商品化し、販売している。竹内社長は「知多半島の土産品は、海産物や農産物など食べ物が中心。それ以外は少ないので、今後も知多木綿を使った商品を開発していきたい」と話している。
残り515文字/全文719文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
冬山フェスタ 初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

2020年10月27日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

採用情報
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ