全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

決算を読む ヤマナカ 20年4~9月期 経常利益5.5倍、過去最高 巣ごもり特需やロス削減で 通期予想は「未定」据え置き

 食品スーパーのヤマナカ(本社名古屋市)が26日発表した2020年4~9月期連結決算は、経常利益が前年同期比5・5倍の15億5600万円だった。2年ぶりの増益で、中間期ベースとして過去最高。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う旺盛な「巣ごもり消費」に加え、商品ロス削減の取り込みが奏功し粗利益を改善、大幅増益となった。通期は節約志向の高まりや在宅生活の緩みなどで消費者動向の先行きが見通しづらいことから「未定」のまま据え置いた。
残り535文字/全文748文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
冬山フェスタ 初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

2020年10月27日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ