全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

未来を描く

新聞購読のお申し込みはこちら

アテック 独系開発ツール最大手から 国内初パートナー認証 車載ソフトの標準化支援

アジア地区初の認定技能者となった三宅氏(左)と小林氏
アジア地区初の認定技能者となった三宅氏(左)と小林氏
 エンジニアリング企業のアテック(本社名古屋市東区、中島郁文社長)は、自動車向けなどのソフトウエア開発ツール最大手、独ベクター・インフォマティックの日本法人から、パートナー認証を国内初取得した。車の高機能化で需要が高まる車載用ECU(電子制御装置)は国際標準「AUTOSAR(オートザー)」規格のソフト対応が進んでいる。認定技能者らを有する高いエンジニアリング力を武器に顧客の導入・開発を支援する。社内事業部の人員を2022年までに3倍の100人体制に拡大し対応力を強化する方針だ。
残り553文字/全文794文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2020年10月27日の主要記事