全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

未来工業、5G分野へ参入 関連部材11点開発 既存設備影響に対策

5G対策を施した主力の電源ボックス
5G対策を施した主力の電源ボックス
 電設資材メーカーの未来工業(本社岐阜県輪之内町楡俣1695の1、山田雅裕社長)は、工場などで5G(次世代通信規格)環境を整備することを想定した関連部材11点を開発し、5G分野に参入した。5Gは導入時に既存通信設備への影響が懸念されることから対策を施した。今後、通信関連の建設会社と連携し、ニーズを吸い上げながら開発を進め、ラインアップを拡充していく方針。
残り753文字/全文931文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
冬山フェスタ 初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

2020年10月26日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

採用情報
SG第23回チャレンジカップ GⅡ第7回レディースチャレンジカップ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ