全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

東海3県レジャー施設の夏期集客 コロナ影響8割が減 「3密」回避の施設は人気

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングは21日、東海3県(愛知、岐阜、三重)にある主要レジャー施設の2020年夏期集客の実態調査結果をまとめた。比較可能な施設のうち、約8割に相当する67施設が前年実績を下回った。新型コロナウイルス感染症の影響に伴う帰省自粛や団体客減、学校の夏休み短縮が響いた。一方で、「3密」を回避できる屋外施設や屋内・複合型施設など12施設は集客が増えた。SNS(会員制交流サイト)の情報発信が奏功したほか、移動自粛により近場でレジャーを楽しむ人の傾向が強まっている。
残り550文字/全文794文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年10月22日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ