全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

セイワ工業、M&A積極化 19年から5社子会社化 シナジー創出で成長へ 21年1月HD化、上場も視野

野見山社長(右)と三陽電工の小林潤社長
野見山社長(右)と三陽電工の小林潤社長
 道路標識柱など大型構造物の溶接加工を手掛けるセイワ工業(本社三重県木曽岬町、野見山勇大社長)は、M&A(企業の合併・買収)を積極的に進めている。このほど電線・ケーブル製造の三陽電工(本社埼玉県戸田市)を子会社化した。M&Aは2019年から5社目となる。中小製造業をネットワーク化し、各社の強みを生かしながら成長につなげるとともに、リスク分散を狙う。21年1月をめどにホールディングス化し、将来の上場も視野に入れる。
残り673文字/全文881文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
冬山フェスタ 初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

2020年10月21日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ