全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

復旧進む車両基地 北陸新幹線浸水から1年 被害総額150億円 再発防止に費用と時間

タグ
2019年10月、台風19号による大雨の影響で浸水したJR東日本の「長野新幹線車両センター」に並ぶ、北陸新幹線の車両=長野市
2019年10月、台風19号による大雨の影響で浸水したJR東日本の「長野新幹線車両センター」に並ぶ、北陸新幹線の車両=長野市

 昨年10月の台風19号で長野新幹線車両センター(長野市)に留置されていた北陸新幹線10編成が浸水してから1年が経過した。JR東日本は、12月25日からセンターでの車両検査を再開させ、来年度中には浸水前の機能をほぼ取り戻すとの目標を掲げる。...

残り2164文字/全文2284文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年10月19日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ