全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

大松サービシーズのサ高住「大樹の里」 AIで利用者の転倒検知 骨格ポイントで動き判断 小型カメラ遠隔通知 姿勢から予兆知るシステムも

実証実験を行う大樹の里(大台町)
実証実験を行う大樹の里(大台町)
 平山ホールディングス(本社東京都)傘下で、介護事業などを手掛ける大松サービシーズ(本社三重県大台町新田112の2、長尾久子社長、電話0598・85・0054)は、運営するサービス付き高齢者向け住宅「大樹の里」(大台町)で、利用者の転倒を検知するAI(人工知能)を活用した実証実験をこのほど開始した。転倒前の姿勢などを画像、データで集め、転倒の兆候が検知できるシステム開発も進める。
残り427文字/全文618文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年10月15日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ