全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

鈴鹿がグループの定年制廃止 65歳以降も給与形態維持

「社員の満足度向上を図り、グループの成長につなげる」と話す瀬古社長
「社員の満足度向上を図り、グループの成長につなげる」と話す瀬古社長
 電気設備工事などを手掛ける鈴鹿(本社鈴鹿市高岡町654の1、瀬古恭裕社長、電話059・369・3222)は、働き方改革の一環として、これまで65歳だった定年制をグループ一律で廃止した。「老後2000万円問題」などが話題になる中、社員の将来に対する不安を解消する。(鈴鹿)
残り330文字/全文466文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年10月14日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ